Ayurvedic Life For October



秋は乾燥の軽さと寒さがVataバランスを悪化させるため、病気に最も注意を払う必要があります。 食欲の秋は、冬の間体の温かさを保つため、脂肪の層を皮膚に肥厚させることは免疫を高めるために必要です。 食欲が増したら、ジャガイモや穀物のようなデンプン質の重い食品を摂りましょう。 しかしながら消化力はまだ低いままです。 塩と生姜、水分を補いながら食事をしましょう。 10月のアーユルヴェーダの食事ガイドラインは、油性の、重い快適な食べ物が免疫を高め心配を落ち着かせ、孤独を和らげます。 甘味は力を養うのに役立ちます。 塩味はあなたに潤いと水分を保ちます。 さらに食事にレモンまたは酢で、酸味のジューシーさを加え消化を増進させます。 スープ、 温かいリンゴ 卵、ギー、根菜、ナッツ、種子、骨汁、牛肉は、冬の前に身体を保護し、断熱脂肪の層を構築するために必要な栄養を提供します。 ギーとココナッツオイルのような良質の油を多く取り入れましょう。 シナモン、アーモンド&デーツシェイクは、肌寒い朝におすすめなホットドリンクです。 温かい食事、温かい水やハーブティーを飲んで水分を保ち、カフェインのような利尿薬を避けてください。 Kaphaは、蒸し暑い夏の重さから解消され 秋の乾燥と軽さでカファバランスがとりやすくなります。気温低下や夜長がカファバランスの乱れを招くため、最大の挑戦になるで Kaphaは、過食には注意が必要です。甘いものの摂りすぎに注意しましょう。 Pittaは空腹にならないように気をつけましょう。 秋は肌や粘膜が乾燥しやすくなります。 これは、油分や脂質があるPittaとKaphaのタイプはそれほど気にならないかもしれませんが、Vataの人は湿度に飢えるかもしれません。 乾いた咳、便秘、または湿疹のような皮膚状態の悪化を起こしやすい傾向があります。 Vataの場合、不眠がより乾燥を悪化させます。 良質のオイルを摂りましょう。さらにアーユルヴェーダのオイルトリートメント、アビヤンガをとりいれて、定期的に皮膚にオイルを浸透させる必要があります。 Vataタイプにはセサミオイルが最適です。 Kaphaタイプはオリーブオイル。 Pittaタイプはヒマワリまたはココナッツオイルが良いです。 秋は神経も乱れやすいです。ルーチンな行動を心がけましょう。 午後10時までに寝るようにしましょう。 10月は、気候の変化が大きいので、旅行や何か大きな行動を起こすことは避けた方が良いです。 信頼できる友達との時間、愛情を深めてください。 食事を分かち合い、何か一緒に作ったり、読者をしたり、あなたが愛する人と一緒にくつろいでください。 過度の刺激を避けるのが最善です。 10月の秋の夜長を楽しみましょう♡ 


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

Yam Yoga with Life

Email:Contact@yamyogawithlife.com