Ayurvedic Life for July



アーユルヴェーダでは、血液が綺麗な状態をとても大切にします。

なぜなら、血液が他の体組織を司っていると考えられているからです。

血液を汚すもの1番の事、アーユルヴェーダでそれは、「怒り」言われています。

怒りは熱を生みます。

7月から8月、9月と夏本番にかけては、

火(熱)の要素が強い、ピッタがアンバランスになります。

怒りは避けましょう。誰も幸せになりません。怒りがこみ上げたら笑いましょう。

あなたの中で熱く燃えすぎる熱を冷却しましょう。

ピッタバランスを整えることが夏を乗り切るとても大切なことです。

ピッタバランスを整えるために食事がとても大切です。 消化しやすい冷却食を食べましょう。ただし冷凍食品はNGです。

発酵物やスパイス、辛い食品は避けるべきです。 夏はビーチでビールが最高に美味しい季節ですが、夏の暑さは脱水しやすい状況を引き起こします。アルコールのような発酵はピッタを急激に増やします。さらに脱水しやすくなります。適度な塩分、キュウリやスイカなどの電解質を補充して体を冷やしましょう。 ウリ化の食べ物は利尿作用も体からピッタのアンバランスを浄化してくれるでしょう。 桃やブドウなどの甘い果物は体のリンパ(ラサ ダートゥ)に栄養を与えます。 オクラ、タピオカ、チアシードのようなゲル状の粘り強さ(粘り気)これらは細胞のコーティングをサポートします。 この時期、野菜は生で食べる方が体の冷却を助けてくれるのでおすすめです。ライムやミント、コリアンダー、フェンネル カルダモンなどピッタバランスを整えるハーブをミックスすると更に良いでしょう。 


7回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

Yam Yoga with Life

Email:Contact@yamyogawithlife.com