Ayurvedic Life For June



6月は湿度が上がり蒸し暑い季節です。 その後にひかえる夏本番にむけて冷静さを保ち 夏の活気に向けて準備を整えましょう。 一般的に体温が1度上昇すると心拍数は毎分10回増加するといわれています。 心拍数が上昇すると自然と興奮状態に陥りやすくなります。 睡眠を十分にとり、全身の疲労をためないようにすることが重要です。 6月から夏にかけてはピッタドーシャが引き起こすアンバランスが多く発生します。 怒りやすくなったり、敏感になったり、欲求不満傾向になります。

また、カファが引き起こすむくみ、菌への感染も気をつけなければなりません。 ヴァータが引き起こす喉の乾きはこまめな水分補給が必要です。

バランスをとるための食事 ピッタはバナナ、ライム、ベリーを使った消化に良いスムージー(血液や肝臓を冷やしてくれます)肝臓機能が低下へは蜂蜜が有効です。 カファにはクミン、コリアンダー、ファンネル、スイカ、カモミール、ミントのような体を冷やし利尿効果のある食材&調味料がおすすめです。 食事をとる時間は、早朝の涼しい時間がおすすめです。しっかり食べましょう。昼は軽めに、夜も涼しくなってから消化に良いものを食べましょう。 


0回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

Yam Yoga with Life

Email:Contact@yamyogawithlife.com